お宿CAMPTON 東山ろく

「CAMPTON」は、京都の町家や古い物件があった場所を再構築することによって、こだわりのある宿に生まれ変わらせています。
東山ろくが建つこの地域は「六波羅」と呼ばれ、近くに六波羅蜜寺や六道の辻、六波羅珍皇寺があります。大正3年(1914年)に完成した京町家を、職人の手で丁寧に修繕し、当時の外観を留めています。建物内にも建具や欄間など、代々の所有者が大切に紡いできた100年以上の歴史あるこの建物で、宿泊されるお客様も建築当時に思いをはせることができるよう落ち着いた空間に仕上げました。

 

お部屋

京都の宿CANPTON 東山ろくのお部屋は、和紙デザイナーの堀木エリ子氏が和紙光壁や照明を制作し、落ち着いた陰影とともに町家の情緒や情感、移ろいを楽しめる空間を監修されました。

詳細はこちら

こだわり

CAMPTON 東山ろくは、和紙デザイナーの堀木エリ子氏の監修の照明や信楽焼の丸形浴槽、北陸書道院理事長の青柳雛氏の「書」の暖簾(のれん)などこだわりが随所に散りばめられています。

詳細はこちら

写真集

京都の宿ケンプトン東山ろくの写真集です。

詳細はこちら

アクセス

京都府京都市東山区山城町285-4
京阪「清水五条」から徒歩5分
京都駅から車で約12分

詳細はこちら

周辺・観光案内

清水寺まで車で約10分
八坂神社まで徒歩で約10分
東本願寺まで車で約10分

詳細はこちら