Still Now On! the part of “kimono” stories at CAMPTON

Currently, kimono in CAMPTON has been changed according to the season we feel. The name of this kimono is “Ha no Kirameki(The glitter of the leaf)

For this time, the concept of this kimono is “Kissho-Noshime” which was shown courtesy and love by people. Also, you can see the flower in full bloom dyed on its surface.

This original form of “Noshime”and the color of its full bloomed flower have been waking this kimono up gorgeously.

First looking seems bright but it feels a statue of spirits, so it is best suited for the bride, according to Zen Kyoto. The art of drawing by hand gets more attractive and intelligent structure.

It’s the marvelous artwork designed by “Akira Akiyama”.

We do have the privilege of seeing this here and you, too so would you wish to see this in real? If so,

You can make a reservation for your CAMPTON accommodation HERE.
We are looking forward to welcome you…

まだまだ続きます!CAMPTONの和室にある着物ストーリー

先日Zen Kyotoさんより着物ストーリーが伝えられ、CAMPTONのオフィスの和室に今飾ってあります。今回は一段と鮮やかな色合いが特徴的な着物です。

ヘッドオフィスの和室は、玄関の入り口を入ると外から見ることができ、着物や庭園の写真を撮りに訪れる観光客もとても多いので、これを機に東山に遊びに来てみてください。

この着物の名前は「華のきらめき」という名前で、コンセプトになっているのは、この国の人々に愛され、慈しまれた「吉祥のしめ」と一緒に、爛漫のよろこびの花を染め上げてできています。「のしめ」の格式と花のよろこびの色が古典の打掛を映えさせ、より魅力を呼び覚ましています。本手書きの本物・金彩工芸の本物は奥深い知性を醸し出しており、

華やかの中にも格式の高さがあることなどから、ご婚儀の花嫁さんが着るにはとても素敵な想いが込められた、作者秋山章の作品です。

東山に来る時にしか見られないCAMPTONのオフィス内の景色、実はこうなっています!オフィスに実物を見に来てください。

CAMPTONのご予約はこちらからお取りいただけます。
スタッフ一同 皆様のお越しをお待ちしています。

持續更新中 和服的小故事來自CAMPTON和室

前幾天Zen Kyoto給我們帶來了新的和服小故事,這一次的和服同樣裝飾在我們CAMPTON總事務所的和室裡,這一次又是一件鮮艷有特色的和服。

從總事務所的玄關的入口進來,就能從外面看到和室。能拍到和服以及庭院的照片,因此有很多的遊客會到訪並拍下紀念照片。請大家一定要趁此機會,來東山地區遊玩一番。

這件和服的名稱是「花的光輝」,關於它的介紹:這件人人都喜愛的「吉祥的禮服」染著天真爛漫的顏色。

「のしめ」(一種特有的武士禮服)的款式與花紅的顏色,完美地復蘇了一件古典的打掛。全手繪的真品,金彩工藝更營造出深奧的知性。為華麗又具高規格的婚禮儀式的新娘打造。作者為「秋山章」。

只有到東山才能看到CAMPTON事務所內的景色,就像這樣。歡迎大家來事務所近距離欣賞。

點擊預約(日文)
點擊預約(英文)
我們全體員工熱情期待您的到來!